• ゲ-ム: 
  • サーバ : 
  • 価額 : 0円/口  0WM/口
ホーム > GAME NEWS > 『アイオン wiki』ベリトラ軍との攻防新規インスタンスダンジョン
2014年01月07日『アイオン wiki』ベリトラ軍との攻防新規インスタンスダンジョン

 『アイオン RMT』Episode4.5では,龍族のベリトラ軍による侵攻が更に加速。カタラムの一部を占領し,しかもそれと平行して,今度はアビスにまで手を伸ばしはじめたのだ。Episode4.5で追加される各インスタンスダンジョンでは,こうした背景を元に,ベリトラ軍や敵対種族と,三つ巴のバトルが繰り広げられることになる。

 
■ルーンの保護塔(PvE)
・対象レベル:65〜
・入場人数:6人
・1週間に4回まで挑戦可能
 
 ルーンの保護塔は,いわゆる“タワーディフェンス”の要素を取り入れた,これまでなかったタイプのインスタンスダンジョンだ。 ここには元々の主であった古代ルーン族が,カタラムを守るための保護塔を建てていた。保護塔は,豊富にあるエネルギーの「イド」を吸い上げ,バリアを生成するという仕組みなのだが,古代ルーン族が滅亡してからは,長らく放置されていたという。
 
そういった中,ベリトラ軍の侵攻により,保護塔の一部が破壊。ディーヴァ達が修復しようとする中,ベリトラ軍による攻撃が再び行われる……というストーリーになっている。ここでは,中心部にある保護塔をめがけてベリトラ軍が押し寄せてくるので,これらを撃退することになる。塔からは東西南北それぞれに道が伸びており,ディーヴァ達は,その周囲にある「透明なイディウムのかけら」を集めつつ,砲台などを使ってベリトラ軍を撃退していくのだ。
 
飛行ができないエリアなので,高低差のある4本の道の移動時は,塔の内部にあるエレベータや上昇気流,滑空を使うことになる。ただし,足場に乗り損ねて最下層に落下すると即死してしまうので,エリア内の地形を覚えるまでは苦労させられそうな印象だ。
 
 ベリトラ軍の猛攻を凌ぎつつ,4か所あるバリア発生器を完成させると,保護塔のバリアが発生。そのあとは保護塔の頂上にてボスの「ダイナトゥム」との直接対決を迎え,これを見事倒すとクリアという流れだ。
 
■鉄壁の決戦場(PvPvE)
・対象レベル:61〜
・入場人数:24人
 
Episode4.5では,ベリトラ軍がカタラムの重要拠点である「鉄壁の砦」を攻め落とすことに成功。これに対し,ディーヴァは奪還を試みるが,同時に敵対種族も現れてしまった。3者は一歩も引かず,三つ巴の戦いが繰り広げられるのが,続いて紹介するインスタンスダンジョン「鉄壁の決戦場」である。
 
一度に24名,すなわちフォース規模で挑戦することになるPvPvE形式のインスタンスダンジョンが登場するのは,AION 公式では初となる。従来の12人用PvPvE「激戦地カマル」をも上回る,大混戦となりそうだ。
 
 鉄壁の決戦場は,ドレドギオンや激戦地カマルと同様,開催時間が決まっている。具体的には「毎週日曜日の0時〜2時,12時〜14時」だ。
 
■ヨルムンガンドの進撃路(PvPvE)
・対象レベル:61〜
・入場人数:6人
 
 Episode4.0 Advanceで実装された「ヨルムンガンドの橋」が舞台のインスタンスダンジョンだ。ここでは天族と魔族とベリトラ軍による戦いが繰り広げられる。入場すると,天族はエリアの南側,魔族は北側からそれぞれ同時にスタート。ベリトラ軍や敵対種族を倒しながら,エリア内に4か所ある警戒所を占領していく。全体的にドレドギオンとヨルムンガンドの橋をミックスしたような内容だが,ここでは各種族の指揮官NPCが参戦したり,警戒所に対して砲撃が行なわれたりと,いくつかギミックが用意されているようだ。
 
■アビス上層の要塞IDがリニューアル(PvE)
・対象レベル:61〜
・1日あたり1回挑戦可能
 
 アイオン アイテムベリトラ軍のアビス侵攻に伴い,アビス上層にある3か所の要塞「クロタン」「ドキサス」「ラ ミレン」がリニューアルされる。同時に,要塞戦を制することで入場できるインスタンスダンジョン(いわゆる要塞ID)も,レベル61以上のキャラクターに向けた別バージョンが追加される。要塞を占領したレギオンのメンバーのみが挑戦できる,報酬がちょっとお得なバージョンもあり,合計で6つのインスタンスダンジョンが追加される形だ。
 
内部の地形やギミックは,従来のバージョンと基本的に一緒だ。ただし,内部に出現する龍族がベリトラ軍になっており,難度は高く,そして報酬も良くなっている。
 
 ちなみに今回のアップデートでは,アビス要塞戦の開催時間が変更されており,また一部のクラスに対して空中戦向け(≒アビス向け)のスキルが追加される。リニューアル後の要塞IDの報酬次第では,要塞戦が再燃する可能性はあるだろう。かつてアビス要塞戦にのめりこんだような歴戦のディーヴァにとって,期待せずにはいられない話だ。
 
Copyright(C) RMTEMS All Rights Reserved